サービス

サービス一覧

  • 土壌
    SOFIX(土壌肥沃度指標)分析 分析&パターン判定
    圃場から採取していただいた土を生物性、化学性、物理性の指標19項目について分析し、土の状態を数値で「見える化」します。
    詳細へ 申込み
  • 堆肥
    MQI(堆肥品質指標)分析 分析&パターン判定
    使用する堆肥の状態を11項目の分析から数値で「見える化」します。
    詳細へ 申込み
  • 有機
    資材
    OQI(有機資材品質指標)分析 分析
    使用する有機資材の状態を9項目の分析から数値で「見える化」します。
    詳細へ 申込み
  • 土壌
    項目別分析 特定項目のみ分析
    SOFIX分析19項目のうち一部の項目のみの分析も可能です。3項目分析と1項目分析をご用意しています。
    詳細へ 申込み
  • 施肥
    設計
    施肥設計 SOFIX総合処方診断
    具体的に土壌への改善策提案をご希望の方のためのプラン。土壌や堆肥などの分析データに基づいて施肥設計の処方箋をご提示します。
    詳細へ 申込み
  • 受託
    研究
    受託研究 受託研究・商品開発・コンサルティング
    お客様のご要望に応じてSOFIX技術を活用した様々なテーマでの受託研究・実証試験・商品開発・コンサルティング・研修などを企画・提案・実施します。詳細はご相談、お問い合わせください。
    詳細へ お問合せ

初めての方へ

SOFIX農業推進機構では、水田や畑、果樹園や茶畑などの土壌分析から、具体的な施肥設計に至るまでサポートさせていただくサービスをご提供しています。 また、土壌のみならず、堆肥や有機資材の分析サービスもございます。

初めての方には、初回限定のお試しプランもご用意しています。ご不明点などお気軽にご相談くださいませ。

SOFIX(土壌肥沃度指標)分析 分析&パターン判定

土壌の健康状態を診断

畑

農業生産では「土作り」がもっとも重要とされています。 良い土壌とは、土壌の化学性(肥料成分、緩衝作用等)、物理性(保水力、通気性等)、生物性(有機物の分解、耐病害虫等)の3つ要素が整った土壌のことです。 特に、有機栽培により高品質の農作物を生産するためには、生物性が重要となり、土壌微生物による物質循環がスムーズに進む必要があります。 しかし、従来の土壌診断技術や施肥では、化学性、物理性の分析が中心であり、土壌の生物的性質を見ることは困難でした。

SOFIX(土壌肥沃度指標)分析は、土壌の状態について、従来の化学性、物理性の分析に加えて、土壌中の微生物量や、 微生物による窒素循環やリン循環などを示す生物性の分析を行い、合計で19項目の分析結果を示します。 また、分析データにもとづいて、その土壌がどのような傾向を持っているかを示すパターン判定と、 土壌肥沃度について特A~Dまでの5段階の評価付けを行います。(評価基準は、畑、水田、樹園地などによって異なります)

分析19項目

硝酸態窒素 / アンモニア態窒素 / 交換性カリウム / 可給態リン酸 / EC値 / pH / 全炭素量 / 全窒素量 / 全リン量 / 全カリウム量 / C/N比 / C/P比 / バクテリア数 / アンモニア酸化活性 / 亜硝酸酸化活性 / 窒素循環活性 / フィチン酸分解活性 / 含水率 / 最大保水容量

診断結果サンプル

分析結果から微生物量、土壌バイオマス量、化学分析値、窒素やリンの循環評価などを算出し、状態が直感的にわかる表やグラフとなった分析シートの形でご提示します。

SOFIX(土壌肥沃度指標)分析
土壌約2週間
会員33,000
非会員36,300
初回限定プラン
3サンプルまで約1ヶ月
11,000

●価格は税込です。●指定分析機関受付日(毎週木曜日)から起算。年末年始、連休を挟む場合はお問合せください。

MQI(堆肥品質指標)分析 分析&パターン判定

堆肥の健康状態を診断

堆肥

良い「土づくり」をおこなうためには、土壌の分析とともに使用する堆肥の分析も必要となります。 MQIは、堆肥品質指標と呼ばれ、Manure Quality Indexの略称です。 牛糞・鶏糞・豚糞・馬糞等の家畜糞系堆肥やバーク堆肥等の植物性堆肥、残渣コンポスト・ぼかし堆肥など、 各種の堆肥の品質を正確に評価できます。 また、堆肥の種類別に8種類のパターン判定と、特A~Cまでの品質評価を行います。

分析11項目

硝酸態窒素 / アンモニア態窒素 / 交換性カリウム / 可給態リン酸 / 全炭素量 / 全窒素量 / 全リン量 / 全カリウム量 / C/N比 / バクテリア数 / 含水率

診断結果サンプル

各分析項目それぞれの数値と評価、および、パターン判定による総合評価をご提示します。

MQI(堆肥品質指標)分析
堆肥約1週間
会員22,000
非会員24,200
初回限定プラン
3サンプルまで約1ヶ月
11,000

●価格は税込です。●指定分析機関受付日(毎週木曜日)から起算。年末年始、連休を挟む場合はお問合せください。●報告日は基本的に金曜日です。

OQI(有機資材品質指標)分析 分析

有機資材の健康状態を診断

藁堆肥

良い「土づくり」をおこなうためには、土壌の分析とともに使用する有機資材の分析も必要となります。 OQIは、有機資材品質指標と呼ばれ、Organic material Quality Indexの略称です。 米ぬか、油かす、大豆かす、牡蠣がら、魚粉、骨粉など非発酵系の有機資材の品質を正確に評価できます。

分析9項目

硝酸態窒素 / アンモニア態窒素 / 交換性カリウム / 可給態リン酸 / 全炭素量 / 全窒素量 / 全リン量 / 全カリウム量 / C/N比

診断結果サンプル

各分析項目それぞれの数値と評価をご提示します。

OQI(有機資材品質指標)分析
有機資材約1週間
会員19,800
非会員21,780
初回限定プラン
3サンプルまで約1ヶ月
11,000

●価格は税込です。●指定分析機関受付日(毎週木曜日)から起算。年末年始、連休を挟む場合はお問合せください。●報告日は基本的に金曜日です。

項目別分析 特定項目のみ分析

1~3個の分析項目のみを安価に分析

畑

SSOFIX(土壌肥沃度指標)分析19項目のうち一部の項目のみの分析も可能です。

3項目分析(総細菌数、全炭素量、全窒素量)

SOFIX分析を年に1度行い、その後、数か月~半年ごとに上記3項目のみの分析を行い、施肥設計の参考にすることができます。

1項目分析(総細菌数)

総細菌(バクテリア)数のみの分析です。土壌の中の総細菌数の分析のほか、各種の資材による総細菌数の増殖効果や殺菌効果などを評価する等、様々な活用が可能です。

診断結果サンプル

各分析項目それぞれの数値と評価をご提示します。

3項目分析
(全炭素・全窒素・総細菌数)
約1週間
会員13,200
非会員15,290
1項目分析
(総細菌数)
約1週間
会員7,700
非会員10,120

●価格は税込です。●指定分析機関受付日(毎週木曜日)から起算。年末年始、連休を挟む場合はお問合せください。

施肥設計 SOFIX総合処方診断

施肥設計 SOFIX総合処方診断

処方診断(施肥設計)

土壌のSOFIX(土壌肥沃度指標)分析結果に基づいて、 「土づくり」のためにどのような資材をどれだけ施肥したらよいかを処方診断(施肥設計)としてご提案します。  具体的な手順は次の通りです。

手順 内容
1 農業生産者から圃場の現状や要望について問診票に基づく情報収集を行います。
2 対象となる土壌をサンプリングして、SOFIX分析、パターン判定を行います。
3 C評価以上の場合は、使用する堆肥、有機資材についての分析を行います。
4 D評価の場合は、精密診断を行い、各種処方による改善の可能性を検討します。
5 3、4の結果を踏まえて総合的な処方箋を作成します。
6 処方内容は診断録(カルテ)に記録し、次回以降の処方箋作成に役立てます。

精密診断

SOFIX分析でD判定(微生物が検出限界以下)となった場合、その原因が残留農薬や何らかの有害物質によって汚染されているのか、 微生物の餌である有機物が極端に少ないためか等の原因を見きわめ、微生物回復の可能性のレベルをステージ2から5に分けて評価します。

診断のフロー図

初期登録
(ファイル作成料)
会員5,500
非会員6,600
通常処方診断
土壌約1~2週間
会員11,000
非会員16,500
精密処方診断
土壌約1ヶ月
会員55,000
非会員66,000

●価格は税込です。●別途SOFIX・MQI・OQI分析もご依頼いただく必要があります。

受託研究 受託研究・実証試験・コンサルティング

お客様のご要望に応じてSOFIX技術を活用した 様々なテーマでの受託研究・実証試験・商品開発・コンサルティング・研修などを企画・提案・実施します。 どのようなテーマでもご相談ください。まずは、「お問合せ」フォームからご連絡願います。

植物工場での栽培試験

植物工場での栽培試験

実圃場での栽培実証試験

実圃場での栽培実証試験

事例

  • 自社開発の有機肥料・資材等の土壌微生物増殖・植物成長効果の実証試験
  • 競走馬の有機堆肥により栽培されたコシヒカリによる純米大吟醸の開発とブランド化
  • 地域資源を活用したワイン用ブドウ新規圃場の施肥設計
  • 地域のブランド米に適した地域有機資源の選定・評価、施肥設計
  • 枯れかかった桜の再生
  • 企業が運営する森林の樹勢回復
  • 施設でのイチゴ、トマト等の有機栽培の最適条件の検討
  • 食品廃棄物の堆肥化工場の悪臭抑制
  • 殺菌効果を持つ商品の殺菌効果の確認
  • SOFIX栽培された野菜のマルシェの企画

一般的な農地整備事例

順序 分析項目 会員価格
1 土壌肥沃度分析
(SOFIX分析&パターン判定)
・初めの土壌分析
33,000
2 堆肥品質分析
(MQI分析&パターン判定)
22,000
有機資材品質分析
(OQI分析)
・土壌に処方する堆肥・有機資材の分析
19,800
3 初期登録ファイル作成料
・初回の圃場のみ必要
5,500
4 通常処方診断
・分析結果をもとに最適な土壌佳境を作るための施肥設計
11,000
合計(税込) 91,300

上記の流れが、約1ヶ月で完了できます。 (SOFIX分析:2週間、施肥設計:2週間)

上記価格は農地整備のみです。農作物分析やブランド認証は含まれていません。

SOFIX物質循環型農業

SOFIX物質循環型農業

著者 久保幹 / 発行所 共立出版 / ISBN 978-4-320-05811-8 / 発売日 2020/10/16

SOFIX技術のバイブルとして必携の一冊

SOFIX(土壌肥沃度指標)は、生物指標による農地の診断・評価を定量的に可能にし、再現性のある有機農業システムを提供する世界初の技術である。 本書では、SOFIX開発の経緯や概念、またその理論や技術体系、土壌微生物の役割を科学的に理解しながら、SOFIXの理解を深めることができる。 また、SOFIX技術を用いた具体的な農地診断手法、有機肥料やバイオマス資源を用いた処方箋作成技術、さらには再現性のあるSOFIX有機農業技術の詳細を示し、物質循環型農業を提案している。 SOFIX技術をより理論的、実践的に深めることができる専門書として最適。

土壌づくりのサイエンス

土壌づくりのサイエンス

著者 久保幹 / 発行所 誠文堂新光社 / ISBN 978-4416517024 / 発売日 2017/7/7

勘に頼らない、有機農業の
科学的アプローチを解説

微生物がバランスよく、たくさん活動している農地は、収穫量が多く、おいしい農作物をつくることができる。 立命館大学で環境微生物学を研究する著者が開発した「SOFIX(土壌肥沃度指標)」は、 世界で初めて、土の中の微生物量を計測し、「みえる化」することで生物指標による農耕地土壌の診断を可能にした技術。 本書は、土壌微生物の役割を科学的に理解しながら、SOFIXの理論に基づいた「物質循環型農業」を実現する方法を紹介する。 SOFIX技術をまなぶ入門書として最適。

何でもお気軽にご相談ください

TEL.077-599-4310

(平日 10:00-17:00)

お問合せ

個人様から法人様まで、農作物の収穫量アップをお考えなら、土壌分析や施肥設計をご依頼ください。

サービス紹介へ

ページトップへ