• 土や堆肥の状態を見える化でき、勘や経験に頼らない再現性のある有機農業や循環型農業ができます。
  • 土壌を豊かにすることで、農産物の収量増加、品質向上を図ることができます。
  • 適切な施肥により肥料コストを低減できます。
  • 良い土壌で作った農産物や食品等としてブランド化できます。