Q&A一覧

初回限定価格って?

SOFIXはどんなものか一度試してみたい方のために、初回限定価格サービスをご用意しています。 分析項目やパターン判定等の内容は、通常料金と全く変わりませんが、次のような条件があります。 初めてご利用の方限定 1人(法人・...
続きを読む 2021/05/20


土はどのようにサンプリングするの?

分析のお申し込みを頂くと、当方よりサンプリングキット(サンプリング用の袋)をお送りします。 (会員様はお申し込み後、初回限定価格お申し込みの方と非会員様はご入金確認後) 地表面から15センチ程度の深さの「作土層」の土を、...
続きを読む 2021/05/20


土壌分析はどのタイミングで行うのが良いの?

土壌の状態は、作物の定植前、栽培中、収穫後などによって、また季節の影響などにより変化します。 土壌分析の目的が、施肥設計にある場合は、収穫後の栄養成分が一番少ない状態で分析するのが適当です。 そうすると、その作物を栽培す...
続きを読む 2021/05/20


海外の農地の土壌分析はできるの?

海外から土壌を持ち込むことは禁止されています。 ただし、研究目的に限って農水省の植物防疫所に許可申請を行えば、特別に許可される場合があります。 輸入を許可された土壌については、分析可能です。 許可申請等も含めてご相談くだ...
続きを読む 2021/05/20


3項目(総細菌数、全炭素量、全窒素量)分析はどのように活用するの?

3項目分析は、SOIFXフル分析19項目のうち、総細菌数、全炭素量、全窒素量の3項目のみを分析します。 この3項目がわかれば、施肥設計の参考にできます。 たとえば、年に3作行う畑の場合、SOFIXフル分析を年に一度おこな...
続きを読む 2021/05/20


1項目(総細菌数)分析はどう活用するの?

1項目分析は、SOIFXフル分析19項目のうち、総細菌(バクテリア)数のみの分析です。 単純に土壌中の細菌数だけを知りたいときに活用できます。 SOFIXフル分析をおこなったあとの経時変化をみたり、 土壌消毒をおこなった...
続きを読む 2021/05/20


SOFIX物質循環型農業

SOFIX物質循環型農業

著者 久保幹 / 発行所 共立出版 / ISBN 978-4-320-05811-8 / 発売日 2020/10/16

SOFIX技術のバイブルとして必携の一冊

SOFIX(土壌肥沃度指標)は、生物指標による農地の診断・評価を定量的に可能にし、再現性のある有機農業システムを提供する世界初の技術である。 本書では、SOFIX開発の経緯や概念、またその理論や技術体系、土壌微生物の役割を科学的に理解しながら、SOFIXの理解を深めることができる。 また、SOFIX技術を用いた具体的な農地診断手法、有機肥料やバイオマス資源を用いた処方箋作成技術、さらには再現性のあるSOFIX有機農業技術の詳細を示し、物質循環型農業を提案している。 SOFIX技術をより理論的、実践的に深めることができる専門書として最適。

土壌づくりのサイエンス

土壌づくりのサイエンス

著者 久保幹 / 発行所 誠文堂新光社 / ISBN 978-4416517024 / 発売日 2017/7/7

勘に頼らない、有機農業の
科学的アプローチを解説

微生物がバランスよく、たくさん活動している農地は、収穫量が多く、おいしい農作物をつくることができる。 立命館大学で環境微生物学を研究する著者が開発した「SOFIX(土壌肥沃度指標)」は、 世界で初めて、土の中の微生物量を計測し、「みえる化」することで生物指標による農耕地土壌の診断を可能にした技術。 本書は、土壌微生物の役割を科学的に理解しながら、SOFIXの理論に基づいた「物質循環型農業」を実現する方法を紹介する。 SOFIX技術をまなぶ入門書として最適。

何でもお気軽にご相談ください

TEL.077-599-4310

(平日 10:00-17:00)

お問合せ

個人様から法人様まで、農作物の収穫量アップをお考えなら、土壌分析や施肥設計をご依頼ください。

サービス紹介へ

ページトップへ