土壌の状態は、作物の定植前、栽培中、収穫後などによって、また季節の影響などにより変化します。 土壌分析の目的が、施肥設計にある場合は、収穫後の栄養成分が一番少ない状態で分析するのが適当です。 そうすると、その作物を栽培するのに必要な最適な栄養成分を基準にして、 何がどれだけ足りないかがわかり、施肥設計の方向が見えてきます。

まずは現状の土壌の状態を知りたいということであれば、どのタイミングで分析しても構いません。 その時点での土壌の状態をデータで把握することができます。