一般社団法人SOFIX農業推進機構は、2月15日に実施した第7回(2019年第2回)SOFIX診断士試験の厳正な審査結果に基づいて、3月10日付で受験者の方に合否の通知をお送りしました。今回は11人の方が合格しました。

SOFIX診断士は、SOFIXによる土壌分析のデータを読み解き、土づくりのための処方箋を作成したり、農家さんにアドバイスをしたりすることができる専門人材です。SOFIX農業推進機構では、こうした専門人材を全国で育成し、技術の普及を進めていくために、「土壌づくりのサイエンス」という本を出版し、2016年度からSOFIX診断士の資格試験を実施しています。これまでの試験により、今回も含めて106人の方がSOFIX診断士に合格されています。

SOFIX診断士の資格は次のような方にお勧めです。
・農家、農業法人などで実際に農業に従事されている方
・新規就農を考えておられる方
・地方自治体、JAの普及指導員など農家さんに「土づくり」のアドバイスを行う方
・大学、公的な試験研究機関、民間の研究所等で農業の研究に従事されている方
・資材・農機具メーカーの営業マンなど農家さん向けの提案型の営業活動をされたい方
・農業への新規参入や農業・農業関連の新規ビジネスを検討されている民間企業の方
・農業による地域活性化を企画されている地方自治体・シンクタンクの方
・農業を学び、研究している学生
・家庭菜園を楽しんでおられる方
・農業に関心を持っておられる一般の方

当機構では、新たに認定されたSOFIX診断士の皆さんが、土づくりをベースにした日本の農業の発展のために貢献されることを期待します。

なお、2020年度の試験は2020年9月19日(土)と2021年2月20日(日)に立命館大学びわこ・くさつキャンパスと立命館東京キャンパスで実施することを予定しています。

自己学習用の練習問題等もご用意しています。

詳しくは、当機構までお問い合わせください。