第9回SOFIX診断士試験のオンライン試験の概要

 

 2021年2月20日実施予定の第9回SOFIX診断士試験は、立命館大学びわこ・くさつキャンパスと立命館東京キャンパスを会場として実施する準備を進めてきましたが、11都府県で新型コロナウィルスの緊急事態宣言が出されるもとで、急きょ、オンライン方式へ変更することとなりました。

 一般社団法人SOFIX農業推進機構は、オンライン試験の具体的方法を決定し、2月10日、受験者の皆さんに通知しました。

  1.試験は二部構成

 第9回SOFIX診断士試験は、第1部=基礎問題と第2部=応用問題の二部構成となります。

 第1部は、コンピュータの画面に問題と解答の選択枝が表示され、ボタンで正解を選ぶ方式です(30問)。解答し終えたら最後に「送信」ボタンを押して、提出となります。問題が表示されるのは、当日13時~14時10分までです。

 第2部は、コンピュータの画面に試験問題が表示され、回答は画面上で行うのではなく、あらかじめお届けしている解答用紙に手書きで書き、当日中に返信用封筒に同封して、郵便ポストに投函していただきます。当日中に投函されたかどうかは、消印をみて判断します。メールでの送信は受け付けません。

 

 

試験の種別

試験問題の表示

解答方式

提出方法

第1部

基礎問題

コンピュータ画面

13:00~14:10

択一式

コンピュータの画面上で回答を選択し、最後に「送信」ボタンを押す。

第2部

応用問題

コンピュータ画面

13:00~16:00

(ファイルダウンロード・印刷不可)

記述式

当機構よりあらかじめ送付した回答用紙に手書きで回答。「誓約書」と一緒に当日中に郵便ポストに投函。(メール送信不可)

 
 2.注意事項

1)第1部・第2部とも参考資料の閲覧等は自由ですが、Webの閲覧はご遠慮ください。

2)計算機は使って頂いてもかまいません。

3)解答するにあたり、他の人と相談したり、意見交換、情報交換したりするのは厳禁です。必ず、自分の実力で解答してください。

4)画面上に表示する試験問題の写真撮影、画像の取り込みは禁止です。

5)3)4)の禁止事項に違反していることが明らかになった場合は、試験成績のいかんにかかわず不合格となり、次回の試験受験の資格もなくなります。

 
 3.スケジュール

  • 応募締め切り

 2月8日、第9回SOFIX診断士試験の受験者の応募を締め切りました。

  • 第2部用の回答用紙、試験内容に関わる資料一式、返信用封筒の郵送

 2月10日、当機構より第2部の回答用紙、資料編、返信用封筒をDM便でお送りしました。

  • テスト体験版を配信

 2月10日よりオンラインテストの「体験版」のURLを受験者の皆さんに配信しました。これは動作テストを兼ねたもので、すべての受験者の皆さんに2月14日までに必ず「体験版」にアクセスし、たしかに動作するどうかを試していただくようお願いしました。

  • 当日URLを送信

 2月20日の試験当日、13時までに、当機構より各受験者のメールアドレス宛に第1部と第2部の試験のURLをメールで送信します。

  • 合否の通知

 合否の通知は、試験後1ヶ月後をめどに郵送で個別にご連絡します。