SOFIX農業推進機構について

代表理事のごあいさつ

安心・安全な農産物の収穫、安定した農業への寄与、そして新しい農業価値の提案

日本は、温暖な気候、適度な降雨、良質な土壌に恵まれ、そして四季があります。南北に長いという地形から、地域独自の食材があり、四季折々、旬の食べ物が豊富にあるのです。日本独自の食文化が形成されていった所以でしょう。

一方、農業生産人口が年々減少し、また輸入食料品が著しく増加するなか、我が国の食料に不安を感じる人は少なくないと思います。 安心・安全な農産物を安定して収穫するために、我々は、農業の原点そして地球の環境に立ち返り、「土」を徹底的に見直す作業から始めました。

その到達点は、「土の物質循環と微生物」です。

いろいろな微生物が気持ちよく生息できる土の環境、この環境が土の物質循環を良くする、ひいてはこの土の環境が植物を元気に育ててくれます。

この気持ちの良い土を作るため、独自に開発した「土壌肥沃度指標(Soil Fertile Index; SOFIX)」、「堆肥品質指標(Manure Quality Index; MQI)」、そして「有機資材品質指標(Organic Material Quality Index; OQI)」をわかりやすく提供し、また我が国の農業に貢献するため、一般社団法人SOFIX農業推進機構を立ち上げました。

土の環境に配慮する、安定した農業を展開する、安心・安全そして美味しい農産物を届ける、我々は農業の新しい価値を提案していきます。

一般社団法人 SOFIX農業推進機構 代表理事 久保 幹

一般社団法人 SOFIX農業推進機構
代表理事 久保 幹


事業内容

  • SOFIX関連の知的財産の一元的管理及び活用
  • SOFIXデータベースの一元的管理及び活用
  • SOFIX技術標準及びブランドの制定・認証・管理
  • 地域バイオマスの発掘・調査・分析・マッチングによる積極的利用の促進
  • 新たな農業ビジネス・6次産業化・農商工連携などの事業化支援
  • SOFIX農業に関する研修会開催及び人材育成
  • SOFIX農業に関する広報活動
  • SOFIX農業に関する意見の表明
  • その他本機構の目的を達成するために必要な一切の事業

これらの事業の一環として、SOFIXによる土壌や肥料・有機資材の分析・パターン判定、施肥設計等のご依頼は当機構を窓口として受託させていただき、指定分析機関(環境計量証明事業所)と連携して迅速に分析結果や施肥設計のご提案をお届けします。


運営体制

SOFIX農業推進機構は、「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」と機構の定款に基づいて、以下の体制で運営します。

機構の会員は、議決権を持った正会員と、議決権を持たない賛助会員とで構成されます。 機構の最高意思決定機関は、年に1回開催される社員総会(正会員で構成)です。 業務の執行、監督は社員総会で選出された理事会が行い、日常の具体的な業務は事務局が担当します。また外部の監査機関が監事に就任し、業務の監査を行います。 また、必要に応じて諮問委員会を開催し、会員の皆さんと会の運営方針について意見交換、協議などを行います。

会員の詳細について 


活動内容

SOFIX農業推進機構は、SOFIX技術に関する特許や商標の独占的実施権を立命館大学から付与されて、次のような活動を推進します。

1.SOFIX、MQI、OQIの分析・パターン判定、施肥設計

農業生産者の皆様のご依頼により、SOFIX(土壌肥沃度指標)、MQI(堆肥品質指標)、OQI(有機資材品質指標)を測定。土壌や堆肥、有機資材等の診断とパターン判定などを行います。

診断にあたっては、当機構がご依頼の窓口となり、データの分析は環境計量証明事業所の資格を持った指定分析機関で行い、機構でデータを確認の上、ご依頼者に分析・パターン判定の結果をお届けします。

また、SOFIX、MQI、OQIのデータ分析の結果に基づいて、個々の圃場に適した施肥設計につきましても、ご提案させていただきます(別途費用)。

2.土壌、肥料、農産物のブランド認証

SOFIX分析や施肥設計により、一定水準以上に到達した「SOFIX適合」の土壌や肥料・有機資材に対して、SOFIXとしてのブランド認証を行います。

また、SOFIX適合の健全な土壌で栽培した農産物や加工品についても、ブランド認証を行います。

ブランドとしての品質と継続性を担保するため、SOFIXブランドの認定基準と検証の仕組みを確立します。

3.研究会・成果発表会、研修会

研究会

正会員および賛助会員を対象として、技術力の向上や、ビジネスチャンス拡大のため、次のような研究会を定期的に1~2ヶ月に1回程度開催します。

  • SOFIX技術部会
  • バイオマスマッチング部会
  • 六次産業化部会(ブランド化・認証システム)

成果発表会

各会員のSOFIX農業の事例を2~3発表。立命館大学教員を加えたパネルディスカッションを実施します。時期は、農閑期で地方議会の合間となる1月か2月ごろを想定しています。

研修会

賛助会員や非会員の皆様向けに、SOFIX分析結果の読み解き方や、施肥設計の仕方など、各種の研修会等も開催させていただきます。

4.ビジネスマッチング

SOFIX農業推進機構には、各分野の農業生産者と、農業を支援する地方自治体、JA、堆肥・有機資材・肥料メーカー、食品加工業者、流通販売業者、商社、分析会社、コンサルタント会社、IT企業など、様々な企業・団体が参加されます。これらの異分野の協業により、新たなビジネスの創出や、六次産業化、新規の起業などを支援していきます。

5.地域のバイオマス資源を調査

SOFIXに基づく物質循環型農業を推進していくために、地域に眠る牛糞、馬糞、鶏糞などの家畜糞や剪定枝、落葉、水草などのバイオマス資源を発掘・調査・分析し、地域の農業生産者のニーズに基づいて、これらのバイオマス資源を良質な堆肥、有機資材として安定的に供給し、積極的に利用できる仕組みづくりを行います。

6.自治体と連携した農業振興策

地方自治体等に会員となって頂き、地域の農地の土壌改善や施肥設計、新たな特産品の開発、産地形成、ブランド化、六次産業化、市場開拓等のお手伝いをさせて頂きます。

7.大学との連携

SOFIX農業推進機構では、立命館大学と密接に連携し、機構の活動の中で集約した農業現場のニーズを大学の研究者に伝えると共に、大学の研究成果を農業現場に易化していく橋渡しの役割も果たします。


Share on Facebook

何でもお気軽にご相談ください

TEL.077-599-4310

(平日 10:00-17:00)

お問合せフォーム

個人様から法人様まで、農作物の収穫量アップをお考えなら、土壌分析や施肥設計をご依頼ください。

分析のご依頼へ