トピックス

生物性評価技術説明会および実証現場視察会のご案内

2018/10/31

現在、SOFIX農業推進機構は、農水省のプロジェクト(革新的技術開発・緊急て回事業)の一環として、①SOFIX(土壌肥沃度指標)、②土壌微生物多様性・活性値分析、③土壌病原菌分析――という3つの技術を組み合わせて、土壌の生物性を評価できる技術の開発と実証実験を行っています。

これらの技術の説明会と実証現場説明会を、土壌の生物性評価コンソーシアム(代表機関:立命館大学)の主催で下記の様に企画しておりますので、ご案内します。

以下、開催趣旨と概要をお知らせします。
========================================

各位

              土壌の生物性評価技術コンソーシアム
        立命館大学 生命科学部 教授 久保 幹


生物性評価技術説明会および実証現場視察会のご案内

1.開催趣旨
 土壌の生物性評価技術コンソーシアム(代表機関:立命館大学)では、農業・食品産業技術総合研究機構、生物系特定産業技術研究支援センターの支援を受け、農業における「土づくり」に着目したプロジェクトを推進しております。

 土壌の物理性、化学性に加え、これまであまり着目されてこなかった重要な要素である生物性に着目した土づくり手法の現場実証を進めております。土壌の微生物量を見える化することで土壌肥沃度を測る手法「SOFIX(土壌肥沃度指標)」、土壌の微生物の多様性や活性を評価する手法「DGC 分析(土壌微生物多様性・活性値分析)」、土壌病原菌である根こぶ病の土壌中の菌密度を測定「根こぶ病分析(土壌から遺伝子を抽出してLAMP 法により検出)」などを開発、実証をすすめており、これらを活用した有機農法による収量増加、コストの軽減など実績を積み上げております。

 今回、これらの技術について広く知っていただくことを目的に、技術内容や成果についての説明会を、以下の要領で開催することとなりました。ご関心のございます土づくりのご関係の皆様には是非ご参加頂き、有機農業支援や地域農作物のブランディング、防除コスト削減策のひとつとしてご活用頂けますと幸いです。また、今回ご参加頂く際に土壌サンプル(1サンプル/人)をお持ちいただけましたら無料で「SOFIX 分析・根こぶ病分析」を実施し分析結果をお返しいたします。 
 
 なお、根こぶ病はアブラナ科のみに発生するものですので、アブラナ科栽培予定土壌で根こぶ病の心配があるものに限ります。別添のサンプリング方法をご確認頂き、分析申込書にご記入の上、土壌サンプルをご持参頂けますと幸いです。

2.開催日時
平成30 年11 月13 日(火) 13 時00 分~17 時00 分

3.開催場所
集合・会議場所:立命館大学びわこくさつキャンパス防災リサーチセンター4F会議室
(〒525-8577 滋賀県草津市野路東1丁目1-1)
現場視察 :草津市・守山市の実証農場(チャーターバスで移動します。)

4.内容・スケジュール
冒頭で技術内容や実証実績等についてご説明。その後、実際に技術を活用している農場を
訪問し、お話を伺うツアーを企画しております。

●生物性評価技術説明会
 13:00~14:00 土壌生物性分析の技術概要と活用例の説明会
        (立命館大学びわこくさつキャンパス)

 14 :00~15:30 実証農場訪問1・意見交換 滋賀県 草津市内、守山市内

 15:30~17:00 実証農場訪問2・意見交換 滋賀県 草津市内、守山市内
 解散 JR 南草津駅

5.参加申込について(定員30名)
 下記参加申込フォームより氏名等をご登録ください。申込締切:2018 年11 月8 日(木)
  URL:https://ssl.form-mailer.jp/fms/f24d2164592104

  お問い合わせ
  (事務局)
  立命館大学 研究部リサーチオフィス 中原 康行
  E-mail: y-naka53 @のあとに st.ritsumei.ac.jp TEL 077-561-2802

※必要書類を下記からダウンロードして下さい。

土壌生物性評価説明会ご案内

生物性評価技術紹介パンフレット_SOFIX_根こぶ病菌診断

分析申込書

土壌サンプリング方法



何でもお気軽にご相談ください

TEL.077-599-4310

(平日 10:00-17:00)

お問合せフォーム

個人様から法人様まで、農作物の収穫量アップをお考えなら、土壌分析や施肥設計をご依頼ください。

分析のご依頼へ