トピックス

なんばパークスで「SOFIXの土作りセミナー」を開催(8月25日)

2018/09/03

8月25日、なんばパークスで「立命館大学発SOFIXセミナー第3弾!SOFIXの土作りセミナー~明日からできる野菜が育つ土作り」が開催され、家庭菜園を楽しんでいる方を中心に約120人が参加しました。主催は、南海電鉄株式会社と立命館大学アカデミックセンター、共催は一般社団法人SOFIX農業推進機構です。

第1部は、立命館大学生命科学部の久保幹教授(当機構代表理事)、第2部では農業技術アドバイザーの高橋太一郎氏が講演しました。

久保教授の講演の中では、新たに開発された「SOFIX有機標準土壌」について解説されました。これは、プランターに「SOFIX有機標準土壌」を入れ、水を入れて1週間たつと微生物が増えて、SOFIX特Aの土になるという、微生物が息づく「理想の土」です。講演では、こうした「SOFIX有機標準土壌」に近い水準の土を家庭で作る方法も解説されました。

質疑応答のコーナーでは、10人余りの方々から熱心な質問が出されていました。会場では、SOFIXの解説書である「土壌づくりのサイエンス」も販売されましたが、あっという間に完売となり、参加者の皆さんの関心の高さを示していました。

また、今回参加した方々の希望者を対象に、「SOFIX有機標準土壌」のモニターが募集され、32人の方々が応募されました。後日、応募者の方に「SOFIX有機標準土壌」が送付され、市販の培養土等と同じ作物を植えて比較栽培をしていただく事になります。

セミナーでは、SOFIX分析で「A評価」となった土壌で栽培された奈良県曽爾村のミニトマトが提供され、参加者の皆さんに試食していただきました。

参加者のアンケートでは、こうしたセミナーを定期的に開催して欲しいという要望が数多く出されていました。



何でもお気軽にご相談ください

TEL.077-599-4310

(平日 10:00-17:00)

お問合せフォーム

個人様から法人様まで、農作物の収穫量アップをお考えなら、土壌分析や施肥設計をご依頼ください。

分析のご依頼へ