トピックス

『食から健康を考えるー医食農交流会ー』(11月18日/キャンパスプラザ京都)開催を予定

2018/09/19

日本ホロス臨床統合医療機構×SOFIX農業推進機構コラボ企画
『食から健康を考えるー医食農交流会ー』

 注:当初会場を立命館大学びわこ・くさつキャンパスとご案内していましたが、会場が変更になりました。

 SOFIX農業推進機構は、日本ホロス臨床統合医療機構とのコラボ企画として、11月18日、キャンパスプラザ京都で、『食から健康を考えるー医食農交流会ー』を開催することとなりました。

 多くの人々が、健康の基本は食だと考えており、病気の予防や治療においても、食が大事だと考えています。その思いをどう実現するかを、消費者、農業生産者、医療従事者が一緒に考えていこという取り組みです。

 今回の『食から健康を考えるー医食農交流会ー』をともに企画している一般社団法人日本ホロス臨床統合医療機構は、統合医療(※1)を推進するために2017年8月に、3名の開業医によって設立されました。
  https://jhocim.jp/


 同機構は、慢性的な疾患を治療するには、近代西洋医学の考え方に基づいた対処療法(※2)だけでは限界が あり、単に病だけを診るのではなく、人間の心身全体を診て病気の原因を根本的に治療する原因療法を中心とした代替療法(※3)などの必要性があるという考えのもと、①統合医療を正しく実践する人材の育成、②統合医療に関わる研究活動、③医療従事者以外の食や環境、美容に関わる他業種との連携も図り、より多角的に健康を捉えていく組織作りを行うことを目的とされています。

  • ※1 統合医療 近代西洋医学と相補(補完)・代替療法や伝統医学等とを組み合わせて行う療法。(厚生労働省HPより抜粋)。病気の原因を根本的に治療するためのアプローチや、予防医療を含むこともある。
  • ※2 対処療法 食欲不振には消化薬を用いるように、症状を個々に軽減、消失させようとする試みから生まれた治療 法。
  • ※3 代替療法 通常医療(保険診療)の代わりに用いられる治療法。鍼灸やカイロプラクティック、アロマセラピーなど多種多様な治療法がある。中国医学や漢方医学、アーユルヴェーダなども含まれる。

 日本ホロス臨床統合医療機構では、以上のような理念のもと、食育こそが医療の本質だと考え、食の安全を伝えていくことを使命の一つと考えています。そして、食物は地球の土壌で作られており、地球環境すなわち土の健康が人間の健康に直結するものであるとして、SOFIX技術にも関心を持っていただき、当機構と連携をさせていただいています。

 今回、広い視点から健康・食を考える日本ホロス臨床統合医療機構と、土壌から食の安全をめざすSOFIX農業推進機構とのコラボ企画が実現しました。

 このコラボをきっかけに、消費者、農業生産者、医療従事者の連携を強め、ゆくゆくは、SOFIX技術を活用し土づくりを行った農地で栽培された農産物が、医療従事者や管理栄養士等の専門家とも協力しながら、多くの消費者の皆さんに届けられ、人々の健康増進に貢献できるような仕組み作りにつながる事が出来ればと考えています。

 皆様のご参加をお待ちしております。

▶日時:2018年11月18日(日)

▶場所:キャンパスプラザ京都 4階 第4講義室
(京都府京都市下京区 西洞院通塩小路下る東塩小路町939)

▶参加費:3000円(資料代金・お昼代として)
※お弁当が不要の場合は資料代のみ2000円です。
※当日受付でのお支払いをお願い致します。

▶申し込み方法:事前予約をお願いしております。
       メールまたは電話にてお申込みください。

▶連絡先:hello@jhocim.jp
tel.06-6991-1000(担当井村)

《タイムスケジュール》

10:00-11:00 
「土壌から食の安全と健康を考える(仮題)」
立命館大学 生命科学部 生物工学科 教授 久保幹

11:00-12:00 
「現代人の体内環境の悪化から食と健康を考える(仮題)」
一般社団法人日本ホロス臨床統合医療機構 代表理事 森嶌淳友

12:00-13:00 
昼食《SOFIXの技術を活用した有機野菜を使用したお弁当》

13:00-14:00 
「漢方から食と健康を考える(仮題)」
立命館大学 薬学部 薬学科 教授 田中謙

14:00-14:30 
質疑応答、生産者からの声など

主催:一般社団法人日本ホロス臨床統合医療機構
一般社団法人SOFIX農業推進機構
立命館大学生物資源研究センター

チラシのダウンロードはこちらから
食から健康を考える医食農交流会 



何でもお気軽にご相談ください

TEL.077-599-4310

(平日 10:00-17:00)

お問合せフォーム

個人様から法人様まで、農作物の収穫量アップをお考えなら、土壌分析や施肥設計をご依頼ください。

分析のご依頼へ